1.事業目的

 内水面は、アユ、ワカサギ等和食文化と密接に関わる水産物を供給する場だけではなく、釣りや自然体験活動といった自然と親しむ機会を提供する場となっており、我が国の豊かな国民生活の形成に大きく寄与しています。しかしながら、多くの内水面の地域では、漁業者の高齢化や地域の過疎化等による人材不足により漁場管理が困難になっています。こうした状況において、水産政策の改革(平成30年6月1日農林水産業・地域の活力創造本部決定)に基づき、内水面漁場を更に有効かつ効率的に活用していく必要があります。このため、全国の内水面漁協は、広域合併等による適切な組合員や職員の確保や新しい漁場管理の技術の導入等を通じて、更なる体制強化に取り組んでいくことが必要です。こうしたことから、本事業では、全国の内水面漁協等のモデルとなるような漁場管理や内水面漁業・養殖業活性化のための先進的な取組を支援します。

2.支援の対象となる取組内容

 本事業は以下の取組について支援します。

3.応募団体の要件

 本事業に応募できる団体は、次のいずれかに該当する者とします。ただし、イ又はウの場合にあっては、本事業を実施すること等について、構成する全ての団体の同意を得た規約書若しくは構成する全ての団体が交わした協定書、又は構成する全ての団体間での契約締結書等を予め作成し、当該団体を代表する機関を定める必要があります。

4.助成金の額

 補助金の額は、原則として1件3,000千円以内とし、その範囲内で事業の実施に必要となる助成対象経費を定額で補助します。
 また、提案のあった金額については、事業の提案内容や補助対象経費等の精査により減額する場合がありますので御留意ください。

5.補助対象経費の範囲

 助成の対象となる経費は、本事業の実施に直接必要な経費で あって、本事業の対象として明確に区分できるもので、かつ、証拠書類によって金額が確認できるもののみとし、以下の経費が該当します。
 提案に当たっては、本事業を実施するために必要な経費を算出していただきますが、実際に交付される助成金の額は、課題提案書等に記載された内容等の審査の結果等に基づき決定されることになりますので、必ずしも提案額と一致するとは限りません。また、提案額については千円単位で計上してください。助成対象経費は、人件費、賃金、設備備品費、消耗品費、旅費、謝金、役務費、委託費、その他とします。

6.応募方法

 公募要領に沿って、課題提案書を作成の上、応募先住所に書類をご提出ください。

 応募期限 令和元年5月31日(金曜日) 午後5時必着

7.お問い合わせ先

【応募先】
公益社団法人日本水産資源保護協会 担当:山口・鳴島・岩下
〒104-0044 東京都中央区明石町1-1東和明石ビル
TEL:03-6680-4277 FAX:03-6680-4128
Email:yaruzo@fish-jfrca.jp  URL:http://www.fish-jfrca.jp
【事業全般に関して】
全国内水面漁業協同組合連合会 担当:三栖・山
〒107-0052東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル3階
TEL:03-3586-4821 FAX: 03-3586-4898
E-mail:yaruzo@naisuimen.or.jp  URL:http://www.naisuimen.or.jp